行政書士を副業としたら有効な職業

行政書士を副業にということを考える場合、本業がサラリーマンや公務員であるとは限らない場合もあります。
それは何か本業として開業している場合になります。

たとえば司法書士として開業している場合、副業としてとらえるのは、とても効果があります。
司法書士は登記の専門家として活躍できる一方、書類に関しては行政書士でしかできない書類も存在します。
そして何よりも、利用者側が司法書士と行の区別が完全についていないということです。
本来まったく別の資格ではありますが、利用者側ではそこまで区別して考える必要もなく、混同してしまっているわけです。
そこで、どちらでも仕事ができるということは強みになるわけです。

社会保険労務士に関しても似ています。
元々一つの資格であったために、業務内容も似ています。
そのため、会社設立に行政書士の資格を使い、労務管理に社会保険労務士の資格を生かすことで、末永く顧客とお付き合いができます。

中小企業診断士としても、副業として高い効果を期待できます。
コンサルタントとして唯一の国家資格ではありますが、独占業務を持っていない資格でもあります。
そこに書類作成のスペシャリスト資格である行政書士を組み合わせることで、大きな力になってくるのです。