行政書士を副業として名乗っていくためには

行政書士を副業としようと思ったときに、どうやったら名乗っていけるのかという問題があります。
行政書士として名乗って仕事をしていくうえで、登録ということが重要になってきます。
その際には、資格試験に合格するということのほか、弁護士、弁理士、公認会計士、税理士であれば、無試験で登録することができます。
そのほかにも、一定期間公務員として行政事務を担当した場合には、登録できる場合があります。
この規定には審査がありますので、確認をすることが必要です。

さらに業務が行える環境がそろっているかどうかという審査が存在します。
つまり、独立開業する事務所の存在です。
ほかで勤務しながら行政書士を名乗っていくとすれば、行政書士法人に勤める以外に方法はありません。
そのため、その場所で開業できるのか審査される場合もあります。

こういった登録要件がすべてクリアできた時点で、初めて登録となってきますが、副業として考えるにはもう一つ問題があります。
それが登録料です。
各地方の団体によって違いがありますが、どんなに安くても15万円以上かかりますし、高い場合には登録料と会費を合わせ、30万円を超える金額になってきます。
ここまでの費用を支払っても、副業として稼いでいけるかどうか、しっかりとした判断をしてから行動しなければいけないのです。